-フランスWHにっき-
et
-日本生活日記-

*06年12月 出発

*07年12月 帰国

1年のフランスでの生活あれこれ
日本に帰ってきてのあれこれ

感じたことを、思ったことをつづっています。

日々大切に。
日々楽しく。
日々学ぶ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
おくりもの
アヌシー最後の日

3ヶ月もの間、私を受け入れてくれていた家族。
そのお礼にと思い、日本食を作って招待したいと伝えた。
ムッシュの仕事の都合で土曜の夜がいいわ、とマダム。土曜は私が旅立つ日・・・
そのことを言うと、じゃあ。土曜日の夜にご飯を作って、日曜に出発すれば
いいじゃない。なんてありがたいことば。

日本でもろくに料理をしたことがない私。
「招待する」なんて大きくですぎてしまった。

早速、日本の家族にメールをしました。
至急!!!日本食でフランス人が喜びそうなレシピを送って!!!
そしてMちゃんにも、なにがいいと思う?
と、調査開始☆

皮から作る餃子とオーストラリア人にバカうけだった親子丼に決めました。

でっきるっかな〜でっきるっかなぁ♪

‘ダシの素があるから、なんとかなる’
へんな自信をもちながら作業開始。
いやー何からはじめたらいいのかわからん。
バタバタしてると見かねたステイ先の子がきて、「はるか、手伝うよ。」
もちろん甘えて包むのをぜ〜んぶやってもらいました。

結局、親子丼・焼き餃子・スープ餃子?の3品作り終え、ふぅーーーーー
そこへ、兄ちゃんが友達をつれて帰ってきました。
プレッシャー。。。

親子丼は少し冷めたと電子レンジでチンされ、スープも温め直し
卵がかたっまったり、スープがに煮詰まったり、そして超初心者が作った
料理だったので正直、あまりおいしくなかった。
招待するなんて大きく出すぎた。

でも、みんなは「おいしいよ、はるか」と連呼してくれ、
残さず食べてくれようとする。
極め付けには、お兄ちゃんが友達の前にあった残りの餃子をさして
「マーク、まだ食べれるよな」とごり押ししていたのにはちょっと笑えた。

ここのお家にステイできたことに感謝☆


続きを読む >>
Annecy 08:10 comments(0)
新たな挑戦
明日の朝
パリに出発します☆

今日はアヌシー最終日でした。

いろんなことがあったけど、たくさんの山とヨーロッパ1の透明度を誇るアヌシー湖、

そして何よりアヌシーの人々に、ステイ先の家族に、

花屋のパトロンをはじめとする人々に、ここで出会った友達に支えられ

なんとか今日までゆったり生活を送ってこれました。

振り返ると、ほぼ学校と花屋で過ごす毎日でした。

あれ勉強してた??机に向かってた??

の疑問はさておき、自分について考えさせられる滞在でした。

いっぱい本当に寝られへんくらいいっぱい考え悩みうなされました笑!が

時間とちょっとした勇気やきっかけでガラッと変わり、

心だ心が大切なんだと、ここでもまた感じました。

あとは何でも口にすること。

ここフランスでは思ったことを何でも口にしていいみたいです!?笑

パリでは何もかもが未定で、不安もいっぱいですが、

いいと思ったことを、いまだと思ったタイミングで進めていけたらいいなぁ。

日本を離れてもうすぐ4ヶ月。

新たな挑戦のはじまりです。

では、いってきまぁ〜す♪♪

Annecy 08:15 comments(0)
季節料理
ここサヴォワ地方の冬の料理 tartiflette
じゃがいも、クリームソース、細かく切った玉ねぎ、
ベーコンが入り上にチーズをのせてオーブンで焼いた料理。

はじめてこの料理を口にしたときマダムにグラタンみたいって言ったら
グラタンとは違うといいはりました。

そして金曜、友達が遊びにきたのでこの土地の料理をと思って
レストランのメニューを見ながら何軒かうろうろ。
ここにしよと決めたところが残念なことに予約でいっぱいと言われた。
はじめの店に戻ったがお客さんは1人もいない。遠くに見えるお店の人も
やる気がない。おいしいのかここ・・。ということで1から探しなおし。
おなかも時間も限界にきていた。そこでポリス発見!
エクスキューゼモア!! サヴォワ地方の料理が食べたいのですが、
おいしい店はありますか?そして安くてと笑顔で付け加えた。
なにやら2人でぶつぶつ言ってる。
1人があそこはと言えばもう1人がそこはちょっと高いよ。
しまいにはちょっともめだした。おもしろい。
待つこと5分 チーン!!
2人の意見が一致したらしくポリスに付き添われお店に。
メルシー☆ボンソワレ☆と笑顔で送りました。



ここでも、グラタンみたいなものと言って、違うといわれました。
どこが違うのかはいまだに謎ですが
2人の意見が一致しただけあって、とってもおいしかったです♪
Annecy 06:36 comments(3)
フェット☆
フランスには毎日だれかさんの日というものがあります。

3月21日春分の日はステイ先のかわいいかわいい娘さんの日でした

この前のマダムの日には離れて住む息子さんまでもが

マダムに花を送ってきていました。

すてきな習慣。

私も日ごろの感謝の気持ちもこめて(半端じゃないくらいお世話になってるので笑)

何か送りたいと思いあれこれすきなものとかを考え、

アクセサリーを作ってあげることにしました。

部屋でこっそり作っているとノックする音が。

待ってと言ったのが少し遅かったのか気がつけばふわぁ〜と扉が開いていた。

ピンポンしよ。

いいけどちょっと待って。もう少しで終わるからと

まるで自分のものを作ってるかのように平然としていた。

すごい興味深々でうわぁ〜きれいだねと言ったので

付けてみる?と手につけてあげた。もちろんサイズを測るため。

ぴったしよーし。

とひそかに思い15分待ってあとで行くからと部屋から追い出した。

夜ご飯のとき、明日は朝早く出て行って帰らないからと

作ったブレスレットを渡すとびっくりした後、

すごーーーーーく本当に喜んでくれてた。何度ビズをしたことか。

私のものを作ってくれてたのね。繊細ですごく気に入った。って言ってくれた。

想像以上に喜んでくれて、私もすごくうれしかった。

これがあるから、ものづくりはやめられないです。



Annecy 05:44 comments(0)
季節のかわりめ
先々週まで暖かかったアヌシー
お花もたくさん咲き始め、うきうきしてた



冬服のみで渡仏し(単に重量超えるため持ってこれなかった)
春に移動するので春服を送ってもらうのを少し待ってもらってた
でもこの昼間の春陽気
絶えられないと
何度、服やと靴やをいったりきたりしたかわからない。
でもがまんしてほんとにがまんして
買うのをやめた。えらい。よくがんばった。

そうしたら
珍しく天気予報があたり、先週の月曜雪が降った。

この寒さは私の服欲しい病をおさえてくれる。

急遽パリに行くことになった。



パリも同じように寒かった。
でも寒さに関係なく、街だ!服やさんがいっぱいだ!
と楽しくなってきてまたふら〜と服やさんに吸い込まれていきました。
デパートにも。

そんな強敵相手に今回も勝ちました。
2勝

アヌシーに帰ってくるとやっぱりとっても寒くて
そしてまた雪が降っていました



天気予報万歳!
Annecy 05:19 comments(0)