-フランスWHにっき-
et
-日本生活日記-

*06年12月 出発

*07年12月 帰国

1年のフランスでの生活あれこれ
日本に帰ってきてのあれこれ

感じたことを、思ったことをつづっています。

日々大切に。
日々楽しく。
日々学ぶ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
オクフカク


表現できない感情。

驚きと悲しみ、辛さ、寂しさ、喪失感と抜け殻をぐちゃぐちゃにした感じ。

ぐちゃぐちゃにしすぎてよく分からなくなった感じ。

理解できなくて、受け入れられなくて。。

驚くほど自分の感情をむき出しにした。

何かをしていないとどうしようもなくなり

何かをしていると手につかない。

でも何もしないわけにはいかない。

ウゴカナイト。



家族 18:24 comments(0)
ma grande soeur
                         Le 31 mai 2008

私にとって忘れられない1日。
お姉ちゃんの結婚式。




好きなものが正反対。
性格も顔も似てない姉。
ずっとそう思っていた。

でも、
振り返ると
違うけど、同じような道を歩んでいて
違うけど、同じような経験をしていた。

私はお姉ちゃんの背中をみて育ったんかなぁ。。

本当は
好きなものが似ていることも知っていた。

でも
比べられるのが怖くて
そこから逃げ出していたんかもしれへん、わたし。

続きを読む >>
家族 22:02 comments(2)
たびを振り返り。
旅中。
天気は曇りか雨。
晴れ間は2度だけ奇跡的に覗いた程度でした。
しかも8月というのに寒かった。。。

最後に用意したスペシャル2。
夜のセーヌ川クルーズ。

疲れた。
もう家から出たくない。

と言われまたまた流れてしまった。。

2人が来てくれることが決まったとき思ったこと。
2度とこんな機会はない。
だから、2人には楽しかったぁ。また来たいな。と心から思ってほしいって。

見たいものや行きたいところを聞き、
いろいろ考え、私なりに頑張って計画を立てた。

あれもこれも見てほしい。

そういう思いが強すぎて2人を、特に母を疲れさせてしまった。
見せてあげたい。
それがかえってあだになった。

母にはきっと、このスケジュールもハードやったと思う。
疲れたと口にしたのは限界に近かったからやと思う。
普段からめったに弱音をはかへん母やもん。

シャルルドゴール空港に2人を見送りに行って、バイバイするとき
ほんまに楽しかった?と聞いてしまった私。。。

なんてことば。

それやのに母は、
楽しかったで。
それに、お母さんあんたに会いにきただけやもん。
あんたが1人でしかも外国で暮らしていて、今回いろいろ連れて行ってくれてすごい頼もしく思えた。親としては淋しいやらちょっと複雑な気持ちやったけどな。
って言ってくれた。

手紙が届いた。
あんたも疲れているのにご飯作ってくれたり、
いろいろ連れて行ってくれようとしてくれたのに、
お母さん体力なくて、疲れたなんていってごめんな。

私こそごめんな。
いっぱい見てほしいって気持ちがいっぱいで
いっぱい無理させてしまったな。。
って返事を書いた。

母は旅がしたかったんじゃなかった。
ただただ私の元気な姿がみたかったんや。
ただそれだけやったんや。

2人が帰った次の日から。
パリは打って変って晴天が続いた。暑かった。


私がスキな2人に見てほしかった晴天のセーヌ川からみえる景色。



家族 06:42 comments(2)
待ち遠しい日
もうすぐ。ほんとうにもうすぐ。

母と姉がパリにやってきます。

母は
新婚旅行のハワイ以来、約30年ぶりの海外。

母が
私の滞在中に来てくれるなんて夢にも思っていなかったから
急だったけど連絡が来たときには本当にビックリしました。
嬉しかった。

それと同時に、絶対に楽しんでもらいたいと思って
希望を聞きながら(といっても私がパリに来たとき以上に何も
知らないので姉の希望のみなのですが。。。)
いろいろいろいろ考えました。

でも飛行機も30年ぶり。
きっと疲れるだろうから、ゆっくり私がいつも散歩をするように
パリの街を歩けたらいいな。
そして、
ここに住んでいて、こんな生活をしてて
この子はきっと毎日こんな風に感じて生活してるんやろうな。
って母が私のコレまでの何かを、日常の何かを感じ取ってくれたらうれしいな。

初めての親孝行。
しかも私の大好きな国で。

帰るときには
楽しかったで。
また来たい国や。
今度はお父さんと。
って言ってもらえるといいなあ。

家族 02:25 comments(6)
fête des mères
昨日の日曜日。
フランスではfête des mèresといって母の日でした。

日本の母の日はすっかり忘れていました。
なんて親不孝な子なんでしょう。
同じく昨日も危うくはっ!忘れてた!!となるとこでした。

好きなことがしたいんだ!とあたためていたフランスでお花の勉強をするという想いをぶつけにフランスに来てもうすぐ半年。
花屋でスタージュできていた以前も何もできていない今も、母は変わらず応援し続けてくれています。
スカイプで話をするときも、私の顔をみて今の状況をわかってくれるありがたい存在です。

そんな母に日ごろの感謝の気持ちをこめてプレゼントどころか手紙すら送るのを忘れていました。ごめんなさい。

そこで最後の手段!!
ミドちゃんにに教えてもらったBHVのディスプレーを写真撮って、メールで送ることにしました。とってもかわいかったです。これで許してくれるかな!?



J'aime Maman.
J'adore Maman.

父の日は忘れないように!
家族 02:07 comments(0)